FC2ブログ
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

nazuphoto

Author:nazuphoto
こんにちは。撮影したお気に入りの写真を公開していきます。
趣味はイタリア語です。
大好きなイタリアの風景も公開していきます♪
http://nazu-inc.jimdo.com/

RSSリンクの表示

リンク

和装は手元から

2012.11.29 02:47|結婚式・ロケーション撮影
wa-1000-4.jpg

和装の時、衣装はこんな感じで持つと美しいのです

スポンサーサイト



富士山!in浜松

2012.11.27 23:25|きまぐれ日記写真
名称未設定-1000

11月の3連休。婚礼の集中ピークDAY。
かなりの肉体労働でしたが、元気に楽しく乗り切りました

そして本日は、ひょんな縁から浜松ににて撮影。
実家に行くついでに仕事が出来るとは
今日の浜松は風ビュンビュンで、相変わらず強風です。
北風かん太郎の歌の通り、窓や家をたたくような風
でも、そのおかげで富士山もくっきり見れちゃいました
小学校の校舎からも富士山が見えてたのを思い出しました。

紅葉

2012.11.21 19:17|きまぐれ日記写真
koyou-1000.jpg

グロイ携帯カバーの友人。目をぐりぐり触りながらおしゃべり出来ちゃうグロさです

koyou-1000-6.jpg

秋の床の間のイメージです


犬山城の紅葉

2012.11.20 23:27|きまぐれ日記写真
koyou-1000-4.jpg

koyou-1000-5.jpg

犬山城の紅葉は真っ赤な木とまだらな木とありましたが、見頃でした。
小さな桜と紅葉のコラボレーション

にゃんこの街

2012.11.19 21:23|イタリア写真
it-1000-3.jpg

2012年 夏 イタリア チビタ・ディ・ヴァ二ョレッジョ
人慣れしたにゃんこさん。キレイ良しな子でした

姫に会いに

2012.11.17 00:31|きまぐれ日記写真
ta-1000.jpg

滅多に使わない大太線に乗った時の事。
「姫」という名前に惹かれました。この次は「殿」か
勝手に期待したが、殿駅ではなかった。残念
いつか散策しようと思っていた「姫」。先日散策してきました
こういう散策をもっと増やして、休日を楽しむ余裕を作りたいと思ったのでした

母と女性をイメージして

Ma-1000-7.jpg

ちょっとゴッホ風
力強い女性をイメージしての一枚。

ma-1000-6.jpg

女の人って色んな顔を持っている。何だか惹かれる魅力になったかな

結婚1周年

2012.11.13 21:44|家族と夫婦
sachi-1001-7_20121113213353.jpg

sachi-1001-8.jpg

結婚1周年記念に撮影したい!と言ってくれた二人。
「この木 何の木 気になる木〜」みたいなシンボルツリーが可愛いでしょ?
これからも、二人らしい生活を楽しんでね

赤ちゃんが生まれたしるし

2012.11.11 23:30|イタリア写真
it-1000-4.jpg

2012年 夏 イタリア チヴィタ・ディ・ヴァニョレッジョ
男の子が生まれたお家を発見。
男の子ならブルーリボン、女の子ならピンクリボンで、ドアにこうした飾りがかけられるようです。
名前が書かれて、ご近所さんにご挨拶とお披露目なんですね

ビバリーヒルズ

ma-1000-2.jpg

ma-1000.jpg

キラキラの暮れかかる日差しを浴びて
ここはビバリーヒルズよ〜と言いながら、撮影。
行った事ないけど、そんな感じのイメージだったのです。

夫婦のかたち

IMG_0040-1.jpg

「はい!お腹意識しつつ、手を繋いで〜」と言った直後、
こんなポーズに

秋も深まり始め

2012.11.09 00:52|結婚式・ロケーション撮影
wa-1000.jpg

日本の和室美はお庭あってこそ。
こうやって床の間から見る景色を、絵のように楽しむ日本人の意気な心がカッコイイと思います。
こういう世界観、大事にしたいものです。

イタリア語を学ぶきっかけ

2012.11.08 01:05|イタリア写真
it-1000.jpg

2012年 夏 イタリア ルッカ
手前のウォーリースタイルの女の子と、グリーンの怪獣Tシャツがいい感じ

この秋でイタリア語を習い始めて3年になります。
初めてイタリアを訪れたのは19歳の大学1年の春休みで、美術研修ヨーロッパ5カ国を
3週間で廻るコースに申し込み、最初に訪れた国がイタリアでした。
ローマの夜に到着し、異国情緒あふれる景色が新鮮で胸が高鳴ったのを覚えています。
当時はユーロになったばかりで、1ユーロと1セントを間違えて枕銭(チップ)を枕元に堂々と
置いた私でした

その後、イタリアにもう一度訪れたいと、23歳の年末年始に18日間の南イタリア、
バックパック旅行を強行し、更にイタリアの魅力にはまったのでした。
しかし、この時点ではまだまだ、言葉に興味がなく、観光地を訪れ美術館を見て回っていました。

そして、3度目のイタリアは25歳。フィレンツェでの2ヶ月の革バック製作のプチ留学でした。
この時点でも語学にさほど興味がなく、挨拶程度のイタリア語と単語でやりすごしていたのですが、
この留学中に遊びに来た友人が、得意のポルトガル語で(イタリア人の中にはポルトガル語が何となく
分かる人が多いようです)コミュニケーションをとる姿を見て、初めて語学に刺激を受けたのでした

まさか、勉強嫌いな私が語学をやってみようと思うとは、自分でもびっくりです。
それに続いている事もびっくり
のんびりのんびり、何でも楽しく飽きないように継続していくと力になるのを信じて...

ルッカの不思議な空

2012.11.07 00:49|イタリア写真
it-1000-2.jpg

2012 夏 イタリア ルッカ
ルッカは可愛い街で、多くの教会が集まっている街としても知られています。
物価は高めという印象だが、観光はしやすく、セレクトショップのお店も多い。
ルッカでのランチは、友人に歴代の大物が足を運んでいるというレストランへ連れて行ってもらった
中心街からは大分外れたところにあったけど、レストラン内には多くの著名人の写真や
お店の歴史の写真が飾られていた。
料理はおいしくて、本当に美味しいレストランは、イタリア人でも日本人でも同じ味覚なのだと実感

この写真はルッカ散策中に撮影した一枚。
竹ほうきで、サーーっと掃いたような空、そしてどうなってるか気になる建物の先。
いい感じのベンチの影に、偶然歩いていた犬連れのカップル。
全ての偶然にありがとう

和装ロケーション撮影

2012.11.05 15:02|撮影依頼のお問い合わせ
nami-1001-3.jpg

nami-1001-4.jpg

NAZUが持ち合わせている衣装は全て本物(正絹)です。
着物は光に当たると見事に輝きを増します。
着物職人達の技術と想いがいっぱい詰まった素晴らしい着物を、
ぜひ多くの方に大切に着て頂きたいなと思っています

詳しくはこちら↓
http://nazu-inc.jimdo.com

お兄ちゃん

2012.11.05 03:14|家族と夫婦
kuni-10.jpg

小さいなぁ

kuni-1002.jpg

お兄ちゃんの顔が何ともいえない可愛さ